高血圧や狭心症を抱えた人にとって、ノルバスクの服用は非常に有効です。
医療の現場においても、ノルバスクは積極的に処方されています。
ノルバスクは半減期が非常に長いので、ゆっくりと効果を発揮してくるタイプの治療薬だと言えます。
効果が緩やかに発揮される治療薬は副作用が出にくい事がほとんどなので、ノルバスクは安全性が高いと言えます。
その安全性からもノルバスクは病院でも第一選択薬となっています。

しかし、治療薬なので副作用が全くないわけではありません。
ノルバスクの副作用として指摘されている物の中で、最も出現率が高いのはほてりだとされています。
そのほてりの発症率もごくわずかの可能性なので、ノルバスクには副作用はほぼないと言ってもいい程です。
ノルバスクの安全性は専門家の間でも認識されており、高齢者にも安心して処方されています。
服用の際に守るべきことは、用法容量と医師の指示をしっかり守る事です。

ノルバスクは1日1回1錠だけ飲むだけで効果を発揮します。
なので、効き目が薄いといった理由から1日2錠以上服用するなどの行為は絶対に避けましょう。
用法容量を守らない場合、予期せぬ効果や副作用が現れる可能性があります。
いくらノルバスクが安全性の高い治療薬とはいえ、効き目が強く現れてしまっては話が変わってきます。
急激な血圧の上昇や加工は身体に著しい影響を与えるので、注意が必要です。
急激な血圧の上昇が連日続いてしまうと、脳卒中などの循環器疾患の可能性が非常に高まります。
急激な低血圧が連日続いてしまうと、疲れやすい身体になったり突然の眩暈などに襲われる確率が非常に高くなります。
血圧は正常値を維持することが一番いいとされているので、過剰な摂取には気を付けましょう。