アダラートには体内にある血管を拡張する効果があり、血液の流れを改善する作用があります。
アダラートは高血圧や狭心症の治療薬として選択されます。
近年では高血圧の可能性がある人に対して、高血圧の予防目的で使用されることが増えてきました。
病気の有無に関わらず全身の血液の流れを改善する効果が期待できます。

医薬品には必ず副作用があり、アダラートも例にもれず存在します。
アダラート自体は副作用が発生しにくい優しい治療薬ですが、出産を控えている方は注意が必要です。
一般的にはアダラートは妊娠20週未満の方の服用を禁止しています。
アダラートを服用した際に発生する副作用が、胎児に影響を与える可能性があると考えられているからです。

アダラート自体に酷い副作用はありませんが、妊娠20週未満の方がアダラートを服用すると胎児が奇形になるリスクがあります。
現在までに奇形になるリスクがあるという判断がされているだけであり、必ず奇形になるというわけではありません。
また、アダラートを服用すると分泌を遅らせる働きがあります。
この効果に直接母体や胎児が危険に瀕する可能性はありません。
むしろ明確に分泌を遅らせる効果が判明していることから、早産の可能性がある妊婦さんに対して投与されることがあります。

妊娠20週未満の方以外にも、出産後の授乳の段階でもアダラートの服用が禁止されています。
何故ならアダラートに含まれる成分が母乳に移行する可能性が認められたからです。
アダラートが移行する量はわずかですが、母乳を飲んだ赤ちゃんに影響が出る可能性が無いとは言えません。
アダラートが移行した母乳を飲んだ赤ちゃんの健康が害されることはほとんどありませんが、一般的には服用を禁止しています。
どうしてもアダラートを服用したい場合は、授乳を中止して市販のミルクを飲ませる必要があります。