未分類

アフターコロナにどんなビジネスが来る? 〜新しい時代の起業&副業のヒント〜

投稿日:2021-07-18 更新日:

今回ご紹介する動画


中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY 「【アフターコロナのニュービジネス①】世界の先進ビジネスでリベンジ消費に備えよう(Business Opportunities After COVID-19)」

( 中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY 「【アフターコロナのニュービジネス①】世界の先進ビジネスでリベンジ消費に備えよう(Business Opportunities After COVID-19)」 2021/08/03  https://www.youtube.com/watch?v=QgrgfjX_wZY )


中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY 「【アフターコロナのニュービジネス②】ビジネスチャンスは安全×体験×共有×支援(Business Opportunities After COVID-19)」

( 中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY 「【アフターコロナのニュービジネス②】ビジネスチャンスは安全×体験×共有×支援(Business Opportunities After COVID-19)」 2021/08/04  https://www.youtube.com/watch?v=pF6rxwTF9CY )

「ウィズコロナ」「アフターコロナ」、これからビジネスを立ち上げようと思ったら、絶対避けて通れないキーワードですね。

ワクチン接種率が高まり、コロナ禍の中で抑圧されてきた反動で、今後リベンジ消費がやってくると言われている中で、アフターコロナにどう備えるべきか? コロナ前と同じビジネスのやり方で通用するのか? といった観点で様々な事例が紹介されていました。

コロナ禍の中で注目されたZoomやウーバーイーツなどが、今後アフターコロナの世になったからといって、世の中からなくなるかと言えば、きっとそうではないでしょう。例えば、Zoomがあるのに、会議のためにわざわざ会社に集まる必要はないということです。

この動画の中で驚いたことのひとつが、リモートワークの普及率が中国やアメリカでは6〜7割超えているのに、日本では3割に留まっている現状とのことです。やっぱり日本って、こういった変化に弱いんだなぁと感じます。実際、このコロナ禍の中で、海外では新しいビジネスがたくさん生まれている一方、日本ではそうでもない印象ですしね(;´∀`)

日本の「他から新しいものを取り入れて、それをより良くするというのが得意」という強みを活かして、海外で生まれた様々な事例を参考に今後に活かしていくことが必要です。今すでにビジネスを展開している企業はもちろん、これからスモールビジネスを立ち上げようとしている僕たちにとっても同様ですね。

アフターコロナは、日本人の多くがビフォーコロナの状態に戻ると思っている(望んでいる?)と言われていますが、これから起業・副業をスタートしようとするのであれば、今の状況や今後の状況をむしろチャンスに変えてようとするマインドが必要ですね。

現在、世界中が同じ危機に直面している中、それぞれの国で様々なアイデアが出てきている・・・不謹慎ですが、これからビジネスを立ち上げようとする立場としては、これはこれでラッキーなことかもしれません。

さて、次の4つの要素が、共通して数多くの事例に見られるとのことです。

  1. 【安全】・・・ワクチン接種が進んでも、変異株等の脅威はまだまだ続くことが予想される。
    商品やサービスの品質はもちろん、空間の安全が重要。また、健康への意識も高まっている。
  2. 【体験】・・・モノからコトへと消費の志向が変わってきていることは、以前から言われていたが、コロナ禍の中、緊急事態宣言をはじめ様々な体験が制限されてきた。
    そんな中、どのようにして新しい体験を提供できるかが、より重要になってきている。
  3. 【共有】・・・ひとりで【体験】して終わりではなく、それを他の誰かに【共有】できるというのも重要。
    すでにあらゆるSNSサービスが存在しているので、そこで共有しやすい売り方、仕組み作りを意識することがポイント。
  4. 【支援】・・・コロナをきっかけに、困っている身近な人を支えるということに意識が向かい始めた。
    社会貢献を大げさなものとして考えるのではなく、知り合いのお店から商品やサービスを購入することによって、小さな支援ができる。そのようなマインドになってきている。

【安全】【体験】【共有】【支援】、これらが含まれている商品やサービスが提供される、それが当たり前の時代になろうとしています。
コロナ禍によって、世の中の変化のスピードが早まったと感じることが多いですが、この動画を見て改めてそのように実感しました。

海外の具体的な事例が動画の中でいくつか紹介されていましたので、下に簡単に掲載します。
どれも新しい情報で参考になりそうです。詳細は動画、書籍をご覧ください。書籍にはまだまだたくさんの事例が紹介されているとのことで、僕は早速注文しました!d(^^)b

  • 中国:ライブコマース・・・北京の大型百貨店にカメラを持ち込んで、生配信で擬似ショッピングを体験させた。農家が野菜について語っているライブ動画から即購入できる仕組み。新しく生まれた商業体験。
  • アメリカ:チャットEC・・・ネットショッピングはもはや当たり前の時代。そこに買い物しながらチャットでコミュニケーションをするという体験を追加。さらに買った体験を共有も。
  • オランダ:プライベートショッピング・・・実店舗だからこそできることを工夫。時間予約制で1対1で接客。ランジェリー、ジュエリーなど。スタイリストやコーディネーターなどが購入の際にアドバイスするという付加価値。
  • タイ:産地直送・・・Grabフード(東南アジア版のウーバーイーツのようなもの)を活用して、農作物を農家から直接届けるというサービス。農家に対する支援でもある。
  • アメリカ:時差ショッピング・・・早朝の時間帯で高齢者に運賃の割引。早い時間帯でショッピングできる。配車アプリとスーパーと高齢者をマッチング。
  • オランダ:コース料理キット・・・ミシュラン星付きの高級店が料理キットを販売。高級料理店の料理を自宅で家族で楽しむことができる。
  • 中国:社員シェア・・・コロナ禍のため、実店舗の人材が余ってしまっている。一方、配送等に携わる人は足りない。一時的に会社間で人材をレンタルする。
  • アメリカ:新ノマド族・・・密にならずに安全に体験できるキャンプが人気。ここにプラスαで、リモートワークをしたい人がいる。キャンプ場にはWi-Fiがなかった。車で生活してキャンプも仕事もする・・・新ノマド族。
  • インド:混雑状況アプリ・・・インドは中国を超える勢いで人口増加中。病院だけでなく、公園や薬局などあらゆる場所の混雑状況がリアルタイムでわかる。コロナ禍の前からこういう情報は欲しかった。

いずれも、テクノロジーと人とサービスのマッチングが素晴らしいです。

現在、ありとあらゆるテクノロジーが揃っていて、しかもそのほとんどは無料で使えるので、それらを組み合わせたアイデア次第で、可能性は無限大に広がりそうですね(^^)

・・・なるほどなるほど・・・_φ(・_・  


中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY 「【アフターコロナのニュービジネス①】世界の先進ビジネスでリベンジ消費に備えよう(Business Opportunities After COVID-19)」

( 中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY 「【アフターコロナのニュービジネス①】世界の先進ビジネスでリベンジ消費に備えよう(Business Opportunities After COVID-19)」 2021/08/03  https://www.youtube.com/watch?v=QgrgfjX_wZY )


中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY 「【アフターコロナのニュービジネス②】ビジネスチャンスは安全×体験×共有×支援(Business Opportunities After COVID-19)」

( 中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY 「【アフターコロナのニュービジネス②】ビジネスチャンスは安全×体験×共有×支援(Business Opportunities After COVID-19)」 2021/08/04  https://www.youtube.com/watch?v=pF6rxwTF9CY )

-未分類

error: Content is protected !!

Copyright© 【スモールビジネスで副業・起業】自由に生きるための小さなビジネスを始めるために観るべきYou Tube動画紹介サイト|人生はRPG! , 2021 All Rights Reserved.