未分類

後回しにしない人が成功できる 〜悔いのない人生を送るためにも〜

投稿日:2021-07-12 更新日:

今回ご紹介する動画


中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY 「【後回しにしない技術①】すぐやる人は成功者になれる(How to Stop Procrastinating)」

(中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY 「【後回しにしない技術①】すぐやる人は成功者になれる(How to Stop Procrastinating)」 2021/07/01  https://www.youtube.com/watch?v=eup-nod1L0U )


中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY 「【後回しにしない技術②】たった1%の行動さえできれば人生は大きく変わる(How to Stop Procrastinating)」

(中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY 「【後回しにしない技術②】たった1%の行動さえできれば人生は大きく変わる(How to Stop Procrastinating)」 2021/07/02  https://www.youtube.com/watch?v=NeyVsNDcQJA )

中田敦彦さんのYouTube大学の動画をチェックしていると、たまたま見かけた「【後回しにしない技術】すぐやる人は成功者になれる」・・・このタイトルを見つけて、ちょっと身につまされる思いになりましたので(笑) ご紹介させていただきます。

一言で言うと、成功できるかどうかは、能力、才能、運、アイデアではなく、実行力・・・つまり後回しにしない力さえあれば、成功できるということでした(^^)

「後回しにしない力」は性格の問題ではなく、技術が存在するということです。

アイデアを思いついても結局実行せずに終わってしまう。実際にはたくさんの人が思いついていることも多いが実行しない人が大半のため、そういう一部の人が成功できる・・・確かに僕もアイデアは色々浮かんできますね〜(笑) そして、妄想しただけで終わってしまう・・・これがよくないみたいです(笑)

よくある、「成功した自分をイメージをしよう」という話は間違いのようで、ゴールをイメージするのではなく、プロセスをイメージすることが大事とのこと。ゴールをイメージすると、なんとなく達成した気分になってしまう、満足してしまうとのこと・・・確かに!!(*o*;)(苦笑)

例として語られていたのが、ミートソーススパゲティを食べている自分をイメージしても、ミートソーススパゲティが食べられるわけではない。その料理に必要な材料、料理の手順をイメージする必要があり、もしもイメージできなければ、それについて「調べる」という行動が必要となるという例えでした。

また、計画を立てる上で大事なのが、「逆算」「代案」「宣言」とのことです。

「がんばっていれば、いつか夢は叶う」とあいまいな目標を持つのではなく、3年後にこうなっていたい、そのために2年後はこう、1年後はこう、そしてそのために今日はこうする・・・みたいな考え方が必要ということでした。これが「逆算」ですね。

「代案」というのは、計画を実際に進めていく上で、さまざまなトラブルが起きたり壁にぶつかったりした時に、そこであきらめて全てを投げ出すのではなく、最初からそういう自体に備えての代案を用意しておくということですね。

これは、以前の僕もそういうタイプでした。変に完璧主義なため、ちょっと失敗したり失敗しそうだったら途中でやめたり、最初からやらなかったり・・・0か1しかないみたいな(;´∀`) 
ボーリングで、途中でガーター出しちゃうともうそこで集中力が切れてしまうみたいな・・・(笑) そういうスタンスだと、何かを最後までやり遂げるとか、達成するというのは難しそうですね(笑) 最初から失敗ありきで考えておく・準備しておくというのは、確かにとても大事ですね。

また、計画の内容を周囲の人に「宣言」すべきとのこと。人からマイナスなことを言われたくない、批判されたくない、失敗した時に恥ずかしいから・・・などと考えて内緒にしておくのは良くないそうです。

批判されたとしても、それがパワーになったり、むしろ逆に応援してくれる人が現れ、アドバイスをもらえたり、手伝ってくれたりする可能性もあるからです。まさに、ワンピースのルフィの「海賊王に俺はなる!」ですね!(^o^)

まぁ、個人的にはここまではわりと理解できてる方かなと思っています。
実行しようという時の勢いや集中力もわりとあったり、人に計画を「宣言」するのも意識して行ったりしている方かなと思います。

※ちなみに、「計画」がなかなか立てられないのは、“それは本当にやりたいことではないかもしれない”のだそうです・・・厳しい(苦笑)

「逆算」「代案」「宣言」はできてるとして、それでも、「スタートを後回しにしてしまう」「実際にスタートしても継続できない」といった点については問題意識・苦手意識があり、それでこの動画のタイトルが気になったのだと自覚しています(-_-;)

これらについては、それぞれ下のような解決策が提示されていました。ここからがこの動画の肝となる内容だと思います。

▶ スタートを後回しにしてしまう

締め切りは1つではなく2つ作るべき。つまり、完了の締め切りだけではなく、開始する締め切りを作るべきとのことです。

例として、子供の頃の夏休みの宿題を最後の日にまとめて終わらせようとしたり、勉強する前に机の整理整頓から始めたり・・・などが挙げられていました。どちらもとても思い当たりがあります(笑) 

実行スタートすべきことの周辺には「罪悪感の少ない逃避行動」がたくさん存在するという自覚を持つことと、いつまでにスタートするかを明確に決めておく・・・まずはこれをやってみたいと思います★

また、最初から壮大なことを実行しようとするのではなく、まずは「スモールスタート」、小さく始めることが大事とのこと。副業・起業は、まずはスモールビジネスでスタートしよう! という考え方にも近いものがありますね(^^)

▶ 実際にスタートしても継続できない

計画を立て、宣言をして、次にスタートしたことを維持するにはどうすればよいか、そのノウハウについて、マインドアクションの2つのアプローチを説明されていました。簡単にそれぞれの内容について箇条書き的にまとめます。

    マインド

  • セルフイメージ、自己肯定感を高く持つこと。言葉が自分を一致させる。「私なんかは」「私まだ何者でもないから」などのような言葉を使うのではなく、例えば、「私は絶対に夢を叶えるタイプ」と思う。普段からそのように口にしていると、人間は有意識的・無意識的に自分の言葉と行動を一致させようとするもの。
  • ゴールから目をそらさない。ゴールについて四六時中考える。1日15分10年後について考える。
  • メール等の蓄積されてしまいがちなタスクはすぐに処理する。先ほどの「罪悪感の少ない逃避行動」の勉強前の机の片付けも、普段からしておけば解決。
  • 嫌な仕事や嫌な飲み会など、自分にとって重要ではないと判断したら、それを断る勇気を持つ。どうせ自分の代わりはいくらでもいると考えれば良い。
  • 断る勇気を持つと人生楽になるという考え方、最近広まってる気がします。
    僕もここ数年で本当にそうなってきました。コロナ禍によって、特に飲み会は断りやすくなりましたね(笑) 
    そして、自分にとって重要なことを優先する。
    このようなマインドを持って、どう行動すると良いか。
    それが次のアクションの項目です。

    アクション

  • 維持するための環境を作れ。排水の陣で行う。締め切りもそのうちの一つ。周囲の人に宣言したり、SNSなどで進捗報告をしたり・・・そういう環境を作ることで自分を追い込むことができるかどうか。
  • 効率より効果・・・効率を良くすることは皆考えられるが、考えるべきことは、それは効果のある仕事かどうか。本来ムダなことをしてるのに、その作業の効率アップに対して無駄な努力してないか? そもそも、夢実現につながる仕事ができているのかどうかを振り返るべき。

色々反省すべき点も感じながら、このようなマインド&アクションを自分の中に取り入れていかねば・・・と思っているところに、この動画の最後、30:05あたりから、中田さんは強烈なインパクトを残す話を始めました。

あと5分で人生が終わるという経験をした人間の話でした。

20代後半で銃殺刑になることが決まり・・・5分だけ時間をもらえて、そのうちの初めの2分は今まで関わってきた人々へ感謝し、次の2分で今までの自分の人生を振り返って納得し、最後の1分でそれを言葉にして死ぬ・・・そして銃で打たれる!という直前に減刑となって助かった・・・その瞬間から、彼の時間に対する感覚が変わり、それからの人生の生の時間を意識して大切に使うようになったことで、大変な偉業を成し遂げた・・・そういう人物の話でした。

この人物の名は・・・オススメですので、詳細についてはぜひご視聴ください(^^)
中田さんのさすがのストーリーテリング能力もあって、このエピソードに大変衝撃を受けました。このわずか数分の部分だけでもこの動画の価値があるように感じます。

今回の動画の中で紹介されているのは全て、意志が弱い人のための技術ということでしたが、もしも「スタートを後回しにしてしまう」「実際にスタートしても続かない」という問題意識があって、それを何とか解決したいと考えるのであれば、そもそも自分の人生をどのように生きたいのか、限りある生の時間をどう使いたいのかということについて、今一度じっくり考えるための時間をとる必要があるのかもしれません。

人生が有限であることを普段忘れてしまっているんじゃないか? 人間は、そういう大事なことを本当に忘れがち・・・ そう気付かされました。


先々まで想像して、そこから逆算して、今日何をすべきかがわかっている人というのは、つまり「時間の価値がわかっている人」ということ。

そう言えば、

「If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?(もし今日が人生最後の日だとしたら、私は今日やろうとしたことを本当にやりたいだろうか)」

というスティーブ・ジョブズの言葉もありましたね。

・・・なるほどなるほど・・・_φ(・_・  


中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY 「【後回しにしない技術①】すぐやる人は成功者になれる(How to Stop Procrastinating)」

(中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY 「【後回しにしない技術①】すぐやる人は成功者になれる(How to Stop Procrastinating)」 2021/07/01  https://www.youtube.com/watch?v=eup-nod1L0U )


中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY 「【後回しにしない技術②】たった1%の行動さえできれば人生は大きく変わる(How to Stop Procrastinating)」

(中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY 「【後回しにしない技術②】たった1%の行動さえできれば人生は大きく変わる(How to Stop Procrastinating)」 2021/07/02  https://www.youtube.com/watch?v=NeyVsNDcQJA )

-未分類

error: Content is protected !!

Copyright© 【スモールビジネスで副業・起業】自由に生きるための小さなビジネスを始めるために観るべきYou Tube動画紹介サイト|人生はRPG! , 2021 All Rights Reserved.